1万円借りる

1万円借りる

以前は、キャッシング、カードローン、消費者金融というと後ろめたさがあり、嫌っていました。ところが、いざ自分がお金がなく、どうしても用意しなければならなくなったとき、それらを利用しなければなりません。
最初は後ろめたさがありました。借りようか借りまいか、悩みましたが、結局、背に腹は変えられず、借りることに。

 

最初は、インターネットでも申し込み。恐る恐る、項目に入力し、送信。すると数時間も経たないうちに審査結果が。審査が通り、実際の申し込みに。
最初は1万円の借り入れでした。それでも犯罪を犯したような後ろめたさが。次の月に返済。過ぎてみれば、なんていうことはない、と言った感じ。それに味をしめ、次は2万円、3万円と。だんだんと借りる金額お大きくなり、最高30万円に。

 

当然、一括での返済は難しいため、カードローンに切り替え。これは、別のカード会社から借入をし、借り換えを行ったわけですが。
今では、その借りたお金をローンで支払っています。ただ、あると便利です。枠を数百万円にして利用していますが、いざというとき役に立ちます。
今思うと、当初は後ろめたさがあったものの、今では当たり前の感覚になっています。それが怖くもあるのですが。

 

お金を節約すること・使うこと

お金はないよりあったほうが良い。大人になって結婚し家計を預かるようになり、しみじみと思うようになりました。
毎日いろいろな工夫をして頑張って節約して、お金もかなり計画的に使っているつもりではあるのですが、ちまちまとした出費があったりしてなかなか貯まらないものなんですよね。
お金には羽が生えている…と言いますが、よく言ったものだと思います。
でも、お金はもちろんあったほうがいいけれど、ただたくさんあれば良いというものでもないかな、とも思います。
お金は使わずに持っているだけだったら意味がありません。やはり何にどう使うかというのに意義があるはず。
ものすごくお金があるのに、勿体無いからと全く使わずにいて、結局そのまま人生を終えてしまったら意味がないですよね。
特に日本人は余裕を持っておかないと不安だから…と、かなり貯金をする人が多いと思いますが、個人的には「色々とやりたいことを我慢しすぎてお金を貯めるのもどうなのかな」という気はします。
ある程度安心できるお金はもちろん持っていたとしても、やはり本当に使うべきところには使ってこそお金も生きるのではないでしょうか。
私自身も、かなりお金の使い方にはメリハリがあるほうだと思います。
使うべきものには使う。そうでないものには徹底的に使わない。
例えば私は自宅でくつろぐのが一番好きなので住居費にお金をかけ、逆に衣類にはお金をかけませんが、好きな服を着ることが何より幸せだという人は洋服にお金をたくさん使うでしょう。
でも、それはそれで良いと思うんですよね。もっと皆、使うべきものにはどんどんお金を使うべきです。そうすればお金も回って経済も良くなるでしょうしね。